いわゆる"ミニマリスト"にはなれない

昨年7月上旬の新潟移住の際、3tワイドロングのアルミトラックを借り、3人それぞれの家を巡って(元々近所)家財を積み込んだ。
洗濯機は俺のに一元化、ともぞうはベッドを捨てたりしたのにもかかわらず、俺のものそれではそれだけでは足らずさらにバンで運んだ。トラックの積荷も大半が俺のものだった。

俺はとにかくものが多い。そしてそのほとんどが道具だ。
ものを作るためのものが多すぎる。

その結果、一階のリビングの一角は音楽室になってしまっているし、玄関もツールキャビネットや電動工具を置かせてもらっている。

入居後それぞれの部屋を決める際、2人への気持ちばかりの配慮として一番狭い部屋を選んだのだが、これが本当に狭い。
2,600*2,600なのでおおよそ4.3畳。クローゼットも押入れもなく、ベッドとチェスト、暗室用品、ギターアンプ、スーツケース(今は夏服が眠ってる)が所狭しとあり、ドアを開けるスペースと、チェストの引き出しを開けるスペースしか残されていない。服も到底収まりきらないので散乱していることが多い。

そんな訳で、ハンガーラック兼、棚を作ることにした。

引き戸なのでドアを開けるスペースを確保しなくてはならないこと、またできるだけお金をかけたくないので、突っ張り棒スタイルにしようと思う。

ホームセンターで上の写真の部材と、角パイプ(20*20*5,500)、12mmの構造用合板を買ってきた。あとは家に余っていた角パイプと丸棒を一本。ネジは切って4本にする。

まずは角パイプを切り出す。部屋の幅が2,600mmなので、アジャスター分を加味して2,500mmを2本。450mm幅の梯子状にしたいので410mmを3本とる。

溶接でつなぎ合わせる。溶接機は去年の誕生日に会社の同僚からいただいたもの。100vの簡易的なものだけど、命に関わるようなものを作るのでなければ事足りる。何より軽いのがいい。

丸棒はバーナーで熱して曲げる。新潟に来て初めてアンヴィルが役立った。

こんな感じ。
製品(売り物)を作ってる訳じゃないので、作業のほとんどは目分量。家で飯を作るときと同じ要領で良い思っている。機能さえ果たせれば。

曲げた丸棒を先ほどのフレームと溶接する。ただの汚い玄関周りの写真にしか見えない。
暗くなると溶接ゴーグルの向こうが見えなくなるので、非常に効率が悪かった。

ラッカーで塗装。何をするにしても雪が邪魔になる。

2600mmの突っ張り棒、いくら鉄とはいえ20mmの角パイプではたわむ。ケチって柱を一本も立てなかったけど、気が向いたら補強しようと思う。

トータル4,000円、制作時間は3時間くらいだろうか。
使えるものができてとりあえず満足している。

反省点は、突っ張られる側にもナットを溶接するなりしないと角パイプとネジの間のスペースが遊びになってしまうこと。

物づくりをする人には様々な動機があるが、俺の場合は「ピッタリなものが欲しい」が多いように思う。部屋のサイズや、好みの素材感、その他要件合わせたものなんて、オーダーメイドするか自分で作るしかないのだから。
自分で作るには道具が必要で、その結果ものを作るたびに道具が少しずつ増えていってしまうのだ。思えば物心ついた頃からもの(立体)を作るのがとにかく好きで、ずっと文具や工具を振り回してここまで来た気がする。

この記事のカテゴリは工作・大工の「工」。
何かものを作る度に記録として残していこうと思う。

share with